終活


終活コンサルティングサービス(費用の目安:1万円~)

こんな方にお勧め
  • 終活を進めたいけど、何をどうしたらよいかわからない方
  • 子供もなく将来を託せる人がいない方
  • いざというとき周りに迷惑をかけたくない方
サービス内容
じっくりとヒアリングを行い、取り組むべき終活とその解決策について計画を取りまとめ、最適な終活の方法論をご提案します。もちろん、計画策定にとどまらず、計画どおり終活が進むよう進捗管理を行い、終活完了まで強力にバックアップします。
  • 初回のご相談は無料です。是非お気軽にご相談ください! ⇒  お問い合わせ 
 終活の勧め

超高齢化や核家族化により、一人で老後を迎えられている方が急増している昨今、終活はもはや避けては通れない、必要不可欠なものになっています。世間的にも終活やエンディングノートの話があちこちで話題になっています。私もあちこちで色々なお話を聞いている中で強く感じるのは、必要な事前準備を怠ったために、いざというときに周りに多大なる迷惑をかけている方が非常に多いということ。そして、これらの問題の多くは、事前に少しの準備を行っておくことで防ぐことができたということです。

例えば、葬儀について、いざその時になって誰を呼ぶべきなのか、付き合いのあるお寺はどこなのか、どのような葬儀を望んでいたのか、これらのことがさっぱりわからず、どうしたらよいのか途方に暮れてしまうことになります。
次にお墓ですが、本人がどのお墓への納骨を希望していたのか、そもそもお墓があるのか、どこにあるのか、わからないことだらけ。
さらに相続の場面。大切な方を亡くした後、相続手続きをするにあたり、故人の遺産がどこにあるのかわからない、隠れた借金があるのではないかという不安の中、どうしたらよいのか途方に暮れてしまう。
このように、いざというときに家族や周りの方が次から次へと問題にぶつかって疲労困憊してしまう、大切な方を見送った遺族の多くがこんな体験をされているのが現実です。こんな悲劇を防ぐために終活は存在します。いわば、現代無縁社会に生きる人々の責務でもあるのです。終活を行うことで、自分の亡き後のことだけでなく、自分が生きている間に降りかかる可能性のある諸問題、つまり認知症になった後の財産管理のこと、介護のこと、医療のことなどについても事前準備を講じることができ、それにより、やはり周りの関係者が大変に助かりますし、何より、自分自身の安心につながります。

終活がなかなか進まないとお困りの方は、ぜひ当事務所の終活コンサルティングサービスをご利用いただき、納得のいく終活を実現しましょう。

  • 初回のご相談は無料です。是非お気軽にご相談ください! ⇒  お問い合わせ 

 

<死後事務委任契約についてはこちら>
<任意後見契約についてはこちら>
<民事信託契約についてはこちら>


ブログ (新着情報)

行政書士

楠田 三彦

ご訪問ありがとうございます。行政書士の楠田と申します。私は30年以上家電メーカーに勤務してきましたが、人生の折り返し地点を過ぎ、改めて残りの人生で何をすべきかを考えた時、「人や社会への貢献が実感できる仕事がしたい」と考え、行政書士事務所を開業いたしました。                                      約10年間パナソニック㈱の管理職として多数の事業計画書を作成してきた経験から、補助金申請に係る「事業計画書の作成」を得意としておりますが、現在の超高齢化社会の諸問題に貢献したいとの思いから、相続業務にも注力していきたいと考えております。                                    皆様方のお困り事に寄り添い、「人や社会」に役立つ仕事がしたいと本気で考えておりますので、お困り事がありましたら是非お気軽にご相談ください。全力でサポートいたします。                                                                                                                                【保有資格】                          ・ファイナンシャルプランナー(AFP)                ・消費生活アドバイザー              

 お問い合わせ
コンテンツ