行政書士とは


行政書士とは

行政書士とは、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する補助金や許認可等の「申請書類の作成」並びに「提出手続代理」、「遺産分割協議書」等の権利義務、「相続関係説明図」や「相続財産目録」等の事実証明、及び契約書の作成等を行う者をいいます。
業務は、依頼された通りの書類を作成する代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む業務まで行っており、高度情報通信社会における行政手続きの専門家といわれております。
行政書士は「あなたの街の法律家」です。「どなたから」でも「気軽に」「何でも」ご相談いただけるように心がけております。お困りごとがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

主な取扱業務
相続・遺言・終活関連

相続人調査
相続関係説明図作成(法定相続情報一覧図作成)
相続財産調査
財産目録作成
遺産分割協議書の作成
遺言書の作成
終活支援

補助金・許認可関連

事業再構築補助金申請サポート、事業計画書の作成
ものづくり補助金申請サポート、事業計画書の作成
電気用品安全法に係る各種届出・申請
消費生活用製品安全法に係る重大事故報告書の作成・届出
薬機法(旧薬事法)関連の許可申請・認証申請・届出
農地法関連の許可申請・届出


ブログ (新着情報)

行政書士

楠田 三彦

ご訪問ありがとうございます。行政書士の楠田と申します。私は30年以上家電メーカーに勤務してきましたが、人生の折り返し地点を過ぎ、改めて残りの人生で何をすべきかを考えた時、「人や社会への貢献が実感できる仕事がしたい」と考え、行政書士事務所を開業いたしました。                                      約10年間パナソニック㈱の管理職として多数の事業計画書を作成してきた経験から、補助金申請に係る「事業計画書の作成」を得意としておりますが、現在の超高齢化社会の諸問題に貢献したいとの思いから、相続業務にも注力していきたいと考えております。                                    皆様方のお困り事に寄り添い、「人や社会」に役立つ仕事がしたいと本気で考えておりますので、お困り事がありましたら是非お気軽にご相談ください。全力でサポートいたします。                                                                                                                                【保有資格】                          ・ファイナンシャルプランナー(AFP)                ・消費生活アドバイザー              

 お問い合わせ
コンテンツ